先日、建てさせて頂いてから5年目のお客様から机の改良依頼を頂きました。お子様が大きくなり4方向から机が使えるようにとの希望でした。

そのことは、最後に触れることとして、最近の様子の写真を頂きましたのでちょっと紹介を。

5年ほど前に北方町で建てさせて頂いたお宅です。ゼロエネ住宅が少しづつ注目されつつあるときに、国の公募に応募して採択され造った家です。床下にエアコンを入れて冬の対策をし、さらにはロフトにもエアコンをつけて夏の対策を考えた自然素材の住宅です。

性能のことは今回はいいとして、今はこんな生活をされています。

やっぱりみんなお母さんの近くがいいのですね。改良した机で早速みんなが集まってお勉強やお絵かきを。チョッとした段差を利用して色々飾ってあるのがいいなと思います。

お母さんからの視線はこんな感じです。5年経つと床の色も落ち着いてきていい感じになっています。

2階はご主人手作りの棚が作られてこんな感じになっています。写真右の開口は吹抜けを通して居間とつながっています。

有穴ボードが上手に使われていますね。

階段室にはフックも自作されていました。この上にロフトがあり、夏はそこから冷気が階段を伝って1階に落ちるようにしています。

裏まで通り抜けが出来る玄関。これのお陰で車は全て北におけて、南はお庭だけになっています。

性能は何のため

家の性能がよくなってきています。それは何のためでしょう?エネルギーコストを下げるため。環境を守るため。そんな目的も大きいでしょう。

私が考えるに、年間で40度以上の温度差がある日本で室内にバリアを作らず家族が自由に動けるためだと思います。そのために出来る限りエネルギーを抑えて家丸ごと温度差を極力減らすこと。それが必要になってきているのだと思います。

家族の生活スタイルがあって、そのための必要な間取りがあり、その間取りを生かすために性能がある。

最近、性能の数値ばかりが注目され、本来の意味から放れていってしまうような気がしているのは私だけでしょうか?

エネルギーについて書いたブログよろしければどうぞ

話は戻って机作り

以前の机が下の写真です。

私の初期作で、ゴテッとした感じになっていました。それを、この様に改良しました。

こんな感じで、脚4本だけにしてテーブルを薄く見えるようにフチを斜めカットしました。

作成にはご主人にも手伝ってもらって行いました。

一緒に来たお子様も掃除のお手伝いです。

5年間使い込んだ机が新たな形で生まれ変わりました。