私はコンパクトハウス、いわゆる小さな家を10年前ほどより岐阜をはじめ、愛知県でも結構建てさせていただいています。

まあ、小さな家という定義はどういうものかは解っていませんが、私が思うに総面積が25坪以下程度でしょうか。ちなみに一番小さな家で16坪の家を建てさせて頂いた経験があります。

4人家族で23坪弱の家って狭いと思いますか?

写真は岐阜の本巣市で建てさせて頂いた家です。隣に樽見鉄道が走っています。

延べ面積23坪弱。ご夫婦と、高校生、中学生の男の子の家です。個室は3つ、居間兼食事をする場は10帖 その場所には階段もカウンターも入っていますので実質6帖強でしょうか。狭いと感じますよね。

最初私も図面をお見せしながらお客様に「この大きさですけどいいですか?」と確認を何度もしました。

小さな家がはやっている訳

小さな家を選択する理由は

  1. 狭い敷地を有効に使いたい
  2. 家族が少なくて小さくて充分
  3. 限られた予算で、仕様の良い家がほしい

このどれかか組み合わせでしょう。

いくら田舎の岐阜だと言え、街中になると敷地が30坪程度になり、そこに車2台と木を数本となるとコンパクトハウスにせざるおえません。

家族が少ないから、小さな家でいいよという依頼も最近増えてきました。写真のお宅はタマゴグミで8年前ほどに建てさせて頂いたお宅ですが、ご家族は2人です。

ご予算の関係で、、、うん、ぶっちゃけ小さな家を洗濯する理由はこれが一番なんです。だけど・・

私がお客様にいつも言うのは、「タマゴグミの25坪か、○○ホームの35坪、どちらがいいですか?」です。

小さい家は実は高級なのです。

家が小さいからと言って、お風呂やキッチンを抜いていいわけではありません。照明やコンセントにしても少なくなるといってもしれています。

小さな家だからと言って、断熱の仕様や窓の仕様、仕上げの仕様を落とすことはしません。大工さんの手間もそうです。小さくなると大工さんの効率が落ちるので少し余分に手間代を出しています。

よく「坪単価」というもので価格が比較されますが、小さな家と普通の家の坪単価を比べると、1.2倍から1.5倍になることがあります。

だから小さな家は高級品なのです。

小さな家を選ぶときは正直に

写真は各務原で建てさせて頂いたコンパクトハウスです。写真からもわかるように、小さな家だからと言って全く仕様は落としていません。

で、小さな家を洗濯するときの心構えです。

=無理はしないこと。自分に正直であること。=

これにつきます。

あなたが、家の価値は広さだと感じられるのであれば性能が少し落ちようが、仕上げ仕様が少し変わろうが、少しでも広い家をお勧めします。

小さな家は、物理的に制限されます。ソファーが置けなかったり、ダイニングテーブルをおいたら部屋が一杯井なったり、収納も限られます。

年中「断捨離」を続ける覚悟がないとなかなか住みこなすことが出来ません。限られたもののみを持ち、ひとつ買ったらひとつ捨てる。これが出来ないとなかなか住みこなせません。

大丈夫、私はそれが出来る(もしくはやっている)という方はいいと思いますよ。20年もしないうちにお子様は家を出られたら、夫婦2人で30坪以上の家は大きすぎます。うちがそうなのですが、うちの場合、1階はわたし、2階は家内と住み分けてしまっています。その間をネコがウロウロしているだけで。。。

さて、次回は事例をもとに、小さな家の造り方についてお話します。